TEL 06-6777-3777
平日午後8時まで診療 土曜午後6時まで診療

インプラント 矯正歯科 無痛治療 大阪市平野区::長吉歯科クリニック

小児歯科

24時間いつでも ネット予約はこちら

小児歯科専門医による治療

当院では小児歯科の専門医が在籍しております。
お子様の歯のお悩みなど、お気軽にご相談・ご来院ください。

子どもの歯の特徴

乳歯は永久歯に比べてやわらかく未発達なものです。そのため、永久歯よりも虫歯に対して弱く、1度虫歯になってしまうと急速に進行してしまいます。
また、お子様の治療は長時間の治療に耐えられない事や、口が小さく治療用の器具が入りにくい、等の理由から治療は一般治療より困難です。一番重要になのが定期検診と予防だと言えます。

予防歯科として

フッ素塗布

フッ素は歯の一番外側にあるエナメル質という層の成分に作用し、歯を虫歯になりにくくする働きがあります。フッ素を必要に応じた部位に塗布していきます。年に1回の塗布でも効果はあるとされていますが検診とともに3~4回塗布するのが理想的です。また、診療室でのフッ素の塗布の他に、普段からフッ素入りの歯磨き粉を使用するのも効果的です。

シーラント

奥歯の噛み合わせのところが虫歯になりやすい、と言うことは皆様よくご存知のことと思います。この溝からの虫歯を予防する処置にシーラントと言う物があります。これは歯を削る処置ではなく、歯をきれいに磨いて溝の部分に樹脂を流し込み、虫歯を予防します。シーラントをしたあとは、ぜひデンタルフロスを使うようにして下さい。歯の間の虫歯はシーラントでは予防できません。

子どもの歯を考える

乳歯を守る治療・予防

生えてすぐの乳歯はとても弱く虫歯になりやすいので、歯の再石灰化を促すフッ素塗布と歯のクリーニングをおすすめしています。
フッ素塗布と、歯のクリーニングを定期的に行うことで、虫歯を予防できます。
もし虫歯になってしまったとしても、お子様には、歯医者が嫌いになってしまうような治療(怒鳴ったり、押さえつけての治療)をすることはありません。

子どもの矯正について

子どもの噛み合わせの異常は、成長や発育に大きく影響を与えるだけでなく、大人になってからも肩こり・頭痛などの症状の原因にもなります。
また、噛み合わせが悪いと引っ込み思案な性格になりやすいといった研究結果もあり、子どもの将来にとって矯正治療がとても大切なものであると言えます。
噛み合わせによって起こる悪影響を防ぐ為には矯正治療が必要です。

虫歯はお母さんからもらうもの?

虫歯の原因菌は、生まれたての赤ちゃんの口の中にはいません。
虫歯菌が全く存在しないのに、なぜ子どもは虫歯になるのでしょうか?
その原因のひとつに、お母さんが赤ちゃんに食事をあげるとき口移しなどによって感染してしまう「母子感染」があります。
虫歯の原因菌の多いお母さんと、少ないお母さんとでは、子どもの虫歯の発生率も変わってきます。お母さんやご家族の方は、子どもの為に予防歯科などでお口のケアをして、家庭内の虫歯ゼロを目指しましょう。

妊娠中の治療について

妊娠中は、ホルモンバランスの変化や、唾液の減少、食生活が変わることなどにより虫歯ができやすくなります。
出産後に虫歯なる場合も多く、「母子感染」の危険も高くなります。
妊娠中は、安定期になってすぐ(16週~20週)位に検診を受けたほうが良いでしょう。治療も妊娠中期に行うようにしましょう。
子どもの歯の基礎はお腹の中で作られます。子どもの歯が弱くならないようにバランスの取れた食事をしっかり取るようにして下さい。

Page Top