TEL 06-6777-3777
平日午後8時まで診療 土曜午後6時まで診療

インプラント 矯正歯科 無痛治療 大阪市平野区::長吉歯科クリニック

無痛治療

24時間いつでも ネット予約はこちら

無痛治療とは

過去の経験や一般的な先入観で、「歯の治療は痛い・怖い」と思われている方はかなり多いと思います。恐怖心の強いお子様だけでなく、大人でも歯科治療に対してそのように思われている方が多いようです。しかし、歯科技術も進歩しています。
長吉歯科クリニックでは表面麻酔や、電動式麻酔、レーザーなどの器具を用い細心の注意を払うことで、痛みのない・不安のない治療を心掛けています。
また、よりリラックスして、治療を受けていただけるよう、香り(アロマ)・音楽・空間などを工夫し、患者さまにとってより快適な治療を目指しています。

無痛治療の手順

麻酔から痛くないように…長吉歯科クリニックの工夫

1.注射の前に、歯ぐきへ表面麻酔を行う

麻酔の針を刺す場所を、ゼリー状の塗る麻酔で麻痺させ、刺す時の痛みを減らします。状況に合わせて、より強力な麻酔力のある貼るタイプの麻酔(ペンレス)やレーザー照射による麻酔も使用しています。

2.麻酔薬を温める

麻酔薬を体温と同じ位温めることで、液体を体内に入れる時の刺激を減らします。

4.極力細い針の使用

細い針であればあるほど痛みは感じにくくなります。
痛みを抑えるために、現在使用されている最も細いと言われる33ゲージを使っています。

4.ゆっくり麻酔液を注入する(電動の麻酔注射器の使用)

麻酔の針を入れる際に、針を動かさずに歯ぐきを振動させて麻酔液を入れることにより、さらに痛みを軽減させます。そして、何回かに分けてゆっくり麻酔液を入れていけばほとんど痛みを感じることなく麻酔できます。

5.テクニック

麻酔の針を入れる際に、針を動かさずに歯ぐきを振動させて麻酔液を入れることにより、さらに痛みを軽減させます。そして、何回かに分けてゆっくり麻酔液を入れていけばほとんど痛みを感じることなく麻酔できます。

Page Top